薬剤師の豆知識特集

 

TOP > 薬剤師とジェネリック医薬品

薬剤師とジェネリック医薬品

一般的に、病気の際に飲む薬には多くの先進的な技術が用いられてできた有効成分が含まれているといわれます。 新しく製薬会社から販売される薬は、こうした先進的な技術にかけた投資費用などが上乗せされることにより、それ以外の普通の薬と比較して価格が高いものになっています。 そのため、お金に余裕がある先進国ではこうした効果があり高い費用のかかる新発薬は人気が高いものになっています。

一方で、国民所得が低い発展途上国や先進国の中でも比較的低所得の人はこうした新発薬の恩恵をうけることは困難といえます。 新発薬の有効成分の特許期間が切れると、その他の製薬会社がその新発薬と同じ成分で安価な薬を作るようになります。 これがいわゆるジェネリック医薬品とよばれる後発薬です。

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は、先発薬と比較して、有効成分の研究開発にかかる費用が不要なため、購入価格が安く、発展途上国や低収入の人でも買いやすくなっている薬といえます。 また、日本でも高齢者社会の到来により、医療費を少なくすることが社会的に求められている時代といえます。
そうしたことから、薬剤師をはじめ医療関係者が積極的に低価格のジェネリック医薬品の導入を進め、薬をはじめとした医療費の削減を進めていくことが重要といえます。

そうした状況の中、医師や薬剤師の中ではジェネリック医薬品の導入を進めたくない一面もあると言われています。 理由として、ジェネリック医薬品のメリットである低コストを進めるために薬の包装が甘かったり、薬の種類によっては薬の副作用が出やすくなったりするものがあるためです。 こうしたジェネリック医薬品のデメリットを嫌い、医師や薬剤師はジェネリック医薬品の使用をためらう場合があります。

このように、価格が安いというメリットと包装が甘いところや薬によっては副作用が出やすいというデメリットを持つジェネリック医薬品ですが、 薬の専門的知識や技術を持つ薬剤師であれば、こうしたジェネリック医薬品について研究をしたり、専門的な論文を見るなどして、その安全性について判断が可能になってきます。 特に、薬については何も知らない一般的な患者にとっては、薬の専門家である薬剤師が処方して問題ないと判断した薬は安心して飲むことができます。 さらに、ジェネリック医薬品のメリットである安価な薬であれば、なおさら患者は喜びます。こうした事情を考慮して、ジェネリック医薬品の普及には薬剤師の力が不可欠といえます。

 

© Copyright 薬剤師の豆知識特集 All rights reserved.