薬剤師の豆知識特集

 

TOP > 花粉症の初期治療とは

花粉症の初期治療とは

花粉症は今や国民病とも言われ、ここ近年とても多くの人が罹るようになりました。 ほとんどはスギ花粉が原因となるのですが、体が花粉の侵入を防ぐためにいろいろなアレルギー反応を示します。 鼻水や鼻づまり、のどの痛みという症状は風邪とよく似ています。しかし連続で出るくしゃみや、長い期間治らない鼻水や鼻づまりは風邪ではないのです。 また風邪とは違う決定的な症状は目のかゆみです。

花粉症

春先に、連続出るくしゃみ、長く続く鼻水鼻つまり、そして目のかゆみがあればそれは花粉症だといえるでしょう。 そして花粉症の薬はたくさん販売されています。抗ヒスタミン薬といわれているものです。
アレルギンが体内に入ると肥満細胞から出てくる物質がヒスタミンで、それが受容体と結合することで、症状が出るのです。 そのヒスタミンを抑制するのが症状を改善する薬なのです。しかしそれらの薬は眠気やのどの渇きなどの副作用も現れ、日常生活に支障を生じることもあります。 そこで2年くらい前から、眠くならない薬が発売されました。

その薬はドラッグストアなどでも薬剤師から薬の説明を聞いたうえで購入することができます。 正しく使えば有効な薬ですが、間違った使い方をすると健康被害を及ぼす可能性もあるので、薬剤師との対面販売が義務付けられている第一類医薬品だからなのです。 そして薬剤師はこのような薬を早めに服用することを勧めてくれます。 それは、ヒスタミンが受容体と結合すると症状を現すことになるので、受容体と結合する前にヒスタミンを抑制することが大切だからです。目薬や点鼻薬なども同じなのです。

これらにも抗ヒスタミンが使われているので、受容体と結合する前にヒスタミンの遊離を防ぐことが大切なのです。 目薬の中にも症状が出る時期の2週間くらい前から使用をすることで効果を現すものもあります。だから花粉症の症状が出る前に、また出始めたらすぐに、 早め早めの薬の使用が効果的となってきます。このように早め早めの治療を初期療法や初期治療と言います。

また花粉症の症状を少しでも軽くするためには、アレルゲンを体内に入れないことが必要になってきます。一番効果的なのがマスクです。 また鼻の内側に塗る薬も販売されています。ワセリンが主成分の塗り薬で、それを塗ることでアレルゲンの侵入をそこまでに抑えることができます。 マスクと、塗り薬を両方とも利用すれば効果はもっと高くなるでしょう。それも症状が出るより早めに使用する方がいいのです。

花粉症の症状がつらい時には、薬局やドラッグストアで薬剤師さんに相談して見ると、体に合った薬やマスクなどのグッズもし教えてもらえることでしょう。

 

© Copyright 薬剤師の豆知識特集 All rights reserved.