薬剤師の豆知識特集

 

TOP > リフィル処方せんと薬剤師

リフィル処方せんと薬剤師

リフィル処方せんとは医師の診察を何度も受ける必要がなく、処方せんを1回出してもらうと何度もそれを用いて患者が薬局で薬を貰えるようになる仕組みのことです。 日本よりも古くからアメリカではリフィル処方せんの仕組みが取り入れられており、州の法律によって1回の処方せんで複数回において利用できる医薬品や利用回数、 処方の日数などについて決められています。

医師が患者の診察を行い処方せんにリフィル回数を記入して発行することで、その利用期間中は患者は再び病院に行って医師の診察を改めて受けることなくリフィル処方せんを 薬局に持っていくことで薬を受け取ることができます。その時に薬剤師は患者の経過を見て、症状の悪化がないかどうかを確認し、 問題を発見すれば病院に行って医師の診察を受けるように提案を行います。 このようにリフィル処方せんの仕組みが機能する前提として、薬剤師が継続的にモニタリングを行い患者に対する治療について監視することが求められています。

処方箋

日本においてはまだリフィル処方せんの仕組みは行われていませんが、似た機能を持った仕組みとして分割調剤の制度があります。 分割調剤の仕組みの導入によって、患者は薬局で薬を何回かに分けて出してもらえるようになり、これによって1度に支払わなければならない薬代の値段が高くなることを防げます。 近年では対象が拡大し、薬局が患者のニーズに応える形で何日間かのジェネリック薬品についても分割調剤で薬を提供することができるようになっています。

この分割調剤のシステムは日本においては、薬剤師が患者と会話をすることによって薬を提供することができる仕組みと言えます。 日本でも慢性的に疾患を持つ患者のために分割調剤を発展させた仕組みとして、リフィル処方せんの仕組みの導入について必要であるという考え方があります。 厚生労働省における医療の推進の検討会では、リフィル処方せんがこれからの日本の医療の発展のために検討するべき制度として議論の課題にあがっています。

日本においてリフィル処方せんの仕組みが始まれば、薬局において薬を出すときに薬剤師による視診、聴診、触診などで患者の身体の状態を確認し、 病気の症状について確認することになります。血圧の測定など、薬剤師が患者についての必要な情報を得ることを目的とした行為は診療目的に行うわけではなく、 薬事的管理を目的としたものと認識されるので医師法の違反にはなりません。 リフィル処方せんの仕組みが導入されれば、薬局の選び方に変化が起き、薬剤師が信頼できるかどうかが重要になってくると言えます。

 

© Copyright 薬剤師の豆知識特集 All rights reserved.